セクシー情報満載 アダルト・風俗の虎

オナニーにはどんな役割があるの?

オナニーは気持ちいいだけじゃなく役割があるってご存知でしたか?オナニーに役割についてご紹介。

オナニーは、三大欲求のひとつである性欲をひとりで手軽に解消できるプレイです。人によっては、アダルト動画などを見ながら毎日趣味のように楽しんでいるという人も少なくないかもしれません。今では完全素人女子が家やネカフェでオナニーする盗撮動画も出回っていますよね。それは、決して恥ずかしいことではないといえます。人間の本能に備わっている欲求に従っているだけだからです。とはいえ、趣味のように楽しんでいる場合でも、ただの一時的な楽しみに留まらない行為として、日々生きる上で役立っているかもしれません。欲求を満たすことには、さまざまなメリットがあるためです。

性欲以外の三大欲求には、食欲と睡眠欲があります。これらを我慢すると、どうなるでしょうか。食欲であれば、空腹で集中力を失ったり、健康が損なわれたり、また栄養失調となり最悪死に至る可能性もあります。睡眠欲も、集中力の低下や健康面への影響が深刻です。そもそも、基本的にまったく寝ずに生きるというのは不可能です。我慢したところで、自然と眠りに落ちてしまうでしょう。このように、欲求を満たすことは健康、さらには生きることにも直結しているのです。そうなってくると、残りのひとつである性欲もまた、我慢は禁物といえます。他の2つと違い、死に至るほどの影響は考えにくいですが、それでもデメリットが考えられます。体調が悪くなる、ストレスが溜まる、股間部に不快感を覚えるなどです。オナニーをすれば、こうした悩みも定期的に解消することができます。他の2つほどではないながら、食欲と睡眠欲同様に重要視すべき欲求なので、やりたくなったら我慢せずおこなう方が理想的といえるでしょう。一人ですることに抵抗がある、アダルト動画が苦手、プライドが許さないという場合でも、人生の快適さに繋がると考えれば、無理なく実践しやすくなることでしょう。

前述の通り、オナニーはアダルトな楽しみとして以外にも有益な存在です。ですが、性器はそもそもオナニーするためにできているわけでもありません。やりすぎは逆にデメリットとなることもあるので、ほどほどにおこなう方が良いでしょう。代表的な影響としては、たとえば雑菌が入って性病になるリスクが高まる、手や道具の感覚に慣れすぎてセックス時に物足りなさを覚えてしまう、異性との出会いへの積極性を失うなどです。決して悪いことではない、むしろメリットも複数期待できるオナニーではありますが、頻度には注意してください。