セクシー情報満載 アダルト・風俗の虎

愛着あるからこそギターを高く売りたい…

愛着あるギターやベースを高い値段で売りたい方必見!高く売るコツや手入れ保存方法を解説!

若い頃使っていたギター、買ったは良いが練習しなくなったベースなどの楽器。愛着もあるし捨てるのももったいないし…と思っているうちに押入れの奥にしまっていたり、倉庫の中で眠らせてしまいがちですよね。しかし物によっては結構良いお金になるかも知れませんよ?今回やギターやベースなどの竿物に注目して高く売るコツをご紹介していきたいと思います。

さっそく高く売るコツを紹介していきます。その1、購入時についてきた付属品を一緒にして売ることです。購入してからかなり時間が空いた場合は難しいかもしれませんがケースやアーム、保証書があった方がない場合より高く売れるケースがほとんでです。ネットで調べればギターやベースののブランドやモデルの新品時の付属品が分かるので自分の物の照らし合わせ確認してみよう。

その2、事前にギターを手入れしておくことです。汚れのあるギターと光沢のあるギターのどちらに高い値段をつけますか?もちろん光沢のある方ですよね。事前に丁寧に掃除をしておくことで査定の際に印象を上げることが出来ます。かぶったホコリは拭き取り、綺麗な布などで掃除してあげましょう。もしステッカーがついているようなら慎重に剥がしてあげましょう。

その3、錆びていない弦を張っておくことです。査定の際に必ずと言って良い程試しに音を鳴らします。そのためできる限り弦は張った状態で査定してもらいましょう。弦が錆びている場合は、錆びていない弦が他にあれば替えておくことをオススメします。

もちろんこれだけでなく保存方法も大事です。ギターやベースは湿気に敏感で、閉じた環境に長い時間置いておくと湿気を吸って音が重くなってしまいます。さらに状態が悪くなるとネックが反るなどの症状も出てきます。売る事を考えていなくてもしっかりとした状態で保存しておくことが大事です。

これ以上にないくらい事前にしっかりと手入れ、準備を行い、査定に出した際に満足が行く金額がもらえるように頑張りましょう!